ワーケーション|UMITO VOYAGE ATAMI(熱海)

ようやく泊まれました。今回は集中できる環境で、1名での宿泊です。相当広いのでエキストラベッドを追加すれば4名迄泊まれるそうです、また次回。

真下に広がる広大な海しか情報が無い・・ほんとうに集中できる環境でした。今回は出張の帰りに溜まった仕事を整理し、ゆっくりしながらお隣のガーデンにも行きつつリフレッシュする為宿泊。(詳しくは:執筆者紹介

ホテルは熱海駅からタクシーで15分程度の、国道135号沿いの海側にあります。バケーションステイ型・コンドミニアム形式のホテルです。

バチェラーシーズン3の撮影にも使われたそうです。このホテルのシリーズはインテリアのセンスが大変素晴らしく、どこを切り取っても絵になる空間構成でした。

ホテル入口。

話は変わりますが、熱海市では下記条件でワーケーション施設を整備すると~1000万円内で補助金を出してくれるらしいです「熱海市ワーケーション施設等整備促進事業費補助金」
最近各自治体でやってますが、魅力的ですね。

1.ワーケーション、オフサイトミーティング、コワーキングスペースとして企業などが広く利用可能な施設を熱海市内に新たに整備しようとする市内または市外の企業など(法人または個人事業主)
2.サテライトオフィスを熱海市内に新たに開設しようとする市外の企業など(法人または個人事業主)

エントランス、階段、通路、屋上のテラス

熱海温泉の効能

ルーム :ツイン 1名
ステイプラン:【室内温泉付】オーシャンビュー・スイート(朝食付)
階:地下(地上1階、地下1階)
広さ:73㎡
向き:海側(東)
周辺施設:アカオハーブ&ローズガーデン、史跡:曽我浦片隧道 4・5号(そがうらかたずいどう)
特徴:海だけしか見えないオーシャンビュー。洗練されたインテリアのセンス。客室は5室のみで贅沢な空間取り方。
特典:熱海の地ビール、地元のお菓子
金額:消費税込39,000円
滞在時間:チェックイン15:00 チェックアウト11:00
交通:東海道新幹線「熱海駅」

設計:井上 玄氏

竣工年 : 2017年3月

構造階数 : RC造 地上1階、地下1階

敷地面積 : 2016.96m²(611.20坪)

延床面積 : 670.23m²(203.1坪)

建築面積 : 388.14m²(117.6坪)

設計監理 : GEN INOUE + abanba

構造設計 : yAt 構造設計事務所

設備設計 : 設備計画

FFE・OSE・オペレーション : イヴレス株式会社

施工会社 : 大同工業株式会社

ガーデン手前にある、135号の沿道がとてもきれいでした。
前々から気になっていた、アカオハーブ&ローズガーデンも半日楽しんできました(写真失念)。

この空間に選ばれた小物と、インテリアの1対1対が本当にいい、これを作った方の世界観、見惚れます。アメニティも自社開発らしいですね。企業努力が垣間見えます。