DIY会議室|100均の紙のようなペラペラ「ヌードクッション」が綿増量で大変身

Sabori 大久保 401で使用しているクッションの綿を増量しました。最近つぶつぶ綿が余ったのが増量した理由ですが、厚みのかさ増し用に入れていた100均のペラペラヌードクッションにも綿を詰めたらいい感じになるかも!と思い縫製してみました。

つぶつぶ綿は、解体した掛け布団の中綿です。
前回記事参照
左側の以前製作したヌードクッションの方は3割増しにしたのでふっかふかになったんですが

それよりも、このペッタンコのペランペランのクッションがなんと


こんなにふっかふかに変身!(こちらは構造上2.5割増しが限界でした)。

元々の薄さがパロディのようです。ただベースを作る作業こそ大変ですかから、100均の企業努力は凄いですよ。

余談ですが、ワタを詰めるにはヌードクッションの端の糸を少しほどけば良いんですが、黙々とやっていたら1面ほどいてしまいました。
たまにしかやらないので、縫う順番逆、表裏逆、左右逆などなど、やる度失敗談が一つまた一つと増えて行きます・・