テレワーク|昭和レトロな「昭和スペース」川越

今日は、川越にあるレンタルスペース「昭和スペース」にテレワーク&遊びに来ました。築100年以上の古民家で、建替え前の私の実家や、昔の日本家屋を思い出す、温かく懐かしく、間取りゆったりの居心地良いお部屋でした。昨今は昭和レトロブームらしいです。

川越一番街商店街と、蓮馨寺に面している為敷地も広々、窓を開けていたので京都の町家の如く、心地良い風が室内を吹き抜けていました。こちらは付き合いの長い友人が運営していますが、素敵な家屋の歴史の一端を担えて満足気味に「レトロ狂四郎」と名乗っていました。

ところで、川越は私が初めて住んだ故郷以外の町です。近年インバウンドで様変わりし、風情ある街並みに、新しさモダンさが加わり、人口も増え躍進しています。

20年ほど前、埼玉に赴任する父と東京に進学する私の時期が重り何処に住むか決める際、母の実家が宿場町、私(父)の実家が戦前蔵が多かった町だった為、故郷の面影を感じる川越に住むことになりました。私にはとても愛着のある町です。

最近たまたま数年間隔でご縁があり、グーグルフォトを振り返ると、2015,2017,2021、2022と来ています。これからもご縁が続くと良いなと思っています。

「昭和スペース」ぜひ足をお運びください。

ここ数年で行った一番街周辺のお店を少し紹介。

上2枚 焼きとり「鳥もと」- 女性に人気のおしゃれな2階建て焼きとり店
下1枚 旅館&居酒屋「古民家惠比壽屋」- リーズナブル。ご近所さんの団らんの場

左 STARBUCKS川越鐘つき通り店- ご当地スタバ
右 イタリアン「PizzeriaPizzeria Pino」- カウンター式の創作ピザ屋

左 蕎麦「茶そば寿庵 蔵のまち店」- ボリュームミーな観光地のランチ
右 和食「てんぬま」- 地方都市を感じる哀愁ある民家的和食屋


オマケ

↑古着「縁側・ちゃぶ台 お着物や」- 品のいい掘り出し物があります、友人に影響され購入 
右は川越郊外のロジャース付近で数年前結構おいしいラーメン屋を営んでいた知り合いのお店です(現在閉店)。楽しそうな写真だったので貼り付けました。