テレワーク・リモートオフィス体験|マンダリンオリエンタル東京(日本橋三井タワー)

東京駅徒歩圏内の香港モダンな場所で、テレワークをして来ました。

ルーム :デラックスキング 1名
ステイプラン:マンダリン オリエンタル 東京デ贅沢ナ時間ヲ
階:30-35階
広さ:50㎡
向き:北東
周辺施設:日本橋、日本橋室町三井タワー、日本橋三越本店、日本橋室町野村ビル、コレド室町ほか
特徴:日本橋三井タワーに入る三井不動産が所有するホテル。日本橋の景色を一望できる好立地にある。中国香港発祥のホテルなだけあり、中華モダンな高級ホテルの雰囲気を楽しめる。
特典:ジム、温浴施設、マンダリンホテル特製ブレンドティーの缶
ネット環境:Wi-Fi
コンセント:充分。その他HDMIケーブル、LANケーブルあり
金額:税込約55,000円(食事なし)
滞在時間:チェックイン16:00-24:00 チェックアウト12:00
住所: 東京都中央区日本橋室町2丁目1−1
交通:半蔵門線、銀座線「三越前」 徒歩0分

ロビー。結婚式のリハーサルをしている方が居ました。この景色をバックグラウンドにしたアヤシイ実業家のプロフィール写真、多数見た事があるかもしれません、笑。いえ、それは私じゃありませんよ、笑。背景は自然が一番印象良く見えるんじゃないでしょうか。多分。

お昼は食べず、時間が中途半端だった為、夕ご飯と夜ご飯を三越日本橋本店の地下で購入。香港のホテルなので中華にしてみました。美味しかったんですが、ちょっと重い品々を選んでしまいました。中華料理は野菜多めにしておくのがベストですね。

室内。チェックイン時、スタッフの方が丁寧に設備を説明してくれます。

ヨガマットがあり、ヨガチャンネルがあったので、トライしてみました。
身体が鋼のように硬いのでしんどかったです。
紙袋に入っているのはお土産のマンダリンホテル特製ブレンドティーの缶です。
アメニティがボッテガヴェネタですね。私が使うのは大体はビジネスホテルですし、古いビジネスホテルを利用する事も有る中、この様なホテルの圧倒的な違いは臭いの不快感ゼロなのに加え、格別いい匂いがする事です。匂いって大事ですね。

北東側の景色

スカイツリーの見える方角です。大都会ですね。
手前に大きな会議室が見ます、大正製薬本社会議室とのこと。のぞき見です。

朝食 外国の方の利用が多い印象です。

翌日12時迄利用しました。
テレビをモニターにして画面分割して目を休めたり、動画を見たり。
快適なリモートワーク、テレワークでした。
雰囲気が少しアンダーズに似ていますが、アンダーズがハイテク和モダンなのに比べて、「オリエンタル」の名前通り施設・サービス全体に中国香港モダンと最新トレンドを感じました。